president

四つの約束と、二つのお願い

付加価値の高い開発・設計業務により、今までのアウトソーシング企業ではできなかった企業に成長させます。
私がこれまでに培ったI・E(インダストリアル・エンジニアリング)による物の見方、
考え方とその細分化により、原価管理から品質の向上、合理化が図られ、
生産性は大幅に改善・向上します。技術者が安定して開発・設計に打ち込める環境を創ります。
そして技術者だけでなく、その家族も含めて明るい未来を描けるようになる。
そんな集団、そんな会社にしたいのです。
その実現のために、四つの約束と、二つのお願いがあります。

promise

終身雇用の実現

まず何よりも、終身雇用にこだわります。
親会社にメーカーを持つことにより具体的にこの夢が叶うのです。
年功序列を廃し、厳正な成果主義を導入。積極的に若手を管理職に登用していくと同時に、
エンジニア一人ひとりがここで長く働いていきたいと思える組織であり続けます。
定年まで活躍できる場所。それがエムジエクです。

ダイバーシティの推進

例えば、出産後に再び技術の前線で頑張りたい女性エンジニアや、
親御さんの介護に時間を取られるようになってきたエンジニアなど、
性別やプライベートの状況に左右されることのない環境を整えます。
時短勤務、有給休暇の100%取得、残業の極少化。
どんなエンジニアも、何の憂いもなく全力を出せる場所。それがエムジエクです。

経営の可視化

月次で経営実績を可視化し、報告・開示。
新しく入った社員でも、会社の売上・利益などの状況がすぐに把握できます。
一握りの経営陣だけではなく、社員全員が経営に携わってほしい。
一人ひとりが会社を経営しているという自覚を持ってほしい。強くそう願っているからです。
全社員が経営に参加。それがエムジエクです。

どこにも負けない給与水準

月並みですが、社員の頑張りにはしっかり還元していきます。
労働力ではなく技術力を提供することで私たちが価格の決定権を持ち、
社員の給与・賞与に反映させる。そして、大手メーカーにも劣らぬ収入を実現させる。
仕事だけでなく生活も満足できる。それがエムジエクです。

request

しゃべれるエンジニアに

こうした未来を実現して維持し続けていくために、
エンジニア一人ひとりに求められるものは何でしょうか。
ひと言でいうと『しゃべれる』ことです。
開発を自社内・クライアント内で行なっていくためには、当然チームが必要となります。
リーダーとしてクライアントと折衝を行なうのみならず、
各メンバーのモチベーションを管理していくための、
日々のコミュニケーションが不可欠なのです。

10年後の社長を目指してください

私がエムジエクを創業するにあたって、以前から交流のあった6人が集まってくれました。
しかし、本当の意味でのエムジエクの創業メンバーは、これから採用するあなた方だと思っています。
私は60歳です。指揮を執るのはせいぜいあと10年程度でしょう。

次のTOPは、あなた方の中から任命するつもりでいます。
お互い切磋琢磨し、ぜひ、
「この会社の指揮を執りたい」と思えるような、
より魅力的な会社へと成長させていってください。

 


松岡博志

大手メーカーの生産技術部に10年勤務し、
I・E(インダストリアル・エンジニアリング)による生産工程の原価テーブル立案や品質合理化改善を経験、
その後、大手技術者派遣会社に勤務。
2005年、技術支援会社数社を傘下にしたホールディングス会社を設立。
複数の傘下企業の社長を歴任。
世界同時不況後の経営の立て直しを実現し、
新規事業の推進役として活躍。
2013年12月、経営方針の食い違いにより退任。
以前の仕事仲間や取引先の賛同を受け、
稲沢機械製作所100%出資子会社として、
利益の追求ではなく理念の実現のためにエムジエクを創業。

技術者の、技術者による、技術者のための新会社。